横浜のボルダリングジム

私がボルダリングを始めた頃はジムの数も少なかった。
ネットで探しても自宅から遠くて通う事ができずにやめてしまった方も多くいた事でしょう。

でも今ではボルダリングジムもかなり増えましたね。私が住む横浜だけでも相当な数があります。

このページではジムをいくつか紹介していきます。

横浜のボルダリングジム

B-PUMP横浜店


私がよく行くお店です。横浜からなんとか歩ける好立地にあります。ここは何と言ってもジムの広さが素晴らしい。私が今までにいったジムの中では最大です。またここの素晴らしいところはボルダリングに精通したスタッフが多数おり、壁を頻繁に変化させてくれるところですね。
自分のホームとなるジムはマメにルートを変更してくれるジムがいいですね。
いつも同じ壁だと飽きてきますから。
良くないところは土日祝日の料金が高すぎるところ。混雑して快適に登れないのに平日よりも金額が高いというのは納得いきません。

クライミングジムプロジェクト


世界的に有名なクライマー小山田大さんのジムです。まだ行ったことはありませんが、かなり広いようですね。横浜線の鴨居駅から徒歩7分。
小山田さん数年前に情熱大陸にも出演したすごい人です。思えば情熱大陸を見て更にボルダリングに関する情熱が高まりましたね。
是非行ってみたいジムです。

マムート横浜

クライミング用品メーカーマムートの店舗併設型のジムになります。目の前を通
った事があるのですが、非常にきれいなビルの一階にあります。ガラス越しにジムが見えるのですが、きれいなジムです。
但し、ちょっと狭い感じはしますね。
JR関内駅から徒歩10分、みなとみらい線日本大通り駅から徒歩3分の好立地にあります。

 

 

 

 

ボルダリングに必要な物

ボルダリングは手軽に始められるスポーツですが、3点だけ必要な物があります。

ボルダリングに必要な物

1.まずは汚れてもよく動きやすいシャツとズボン。

2.クライミングシューズ

3.チョークバッグ

この3点になります。

1は必須ではありません。僕はスーツでかっこよくクールに登りたいな、わたしは可愛くスカートで登りたいわ、という人もいるかもしれませんからね。私は普段着で劣化してきたTシャツとクライミングパンツ(デニム生地)を身に着けて登っています。チョークで汚れてしまうのと激しく動きますので、ホールドや壁に衣服を擦ってしまう事があります。時には破れる事もありますので、気にならない服装がいいでしょう。

2は必須ですね。足底の柔らかい靴ではホールドに足をうまく乗せる事ができませんし、うまく乗せられても滑ってしまって危険です。レンタルでもよいので必ず身に着けて登りましょう。

3も必須です。私は最初から手にチョークを付けて登っていますが、一度だけ登山用具屋さんにある壁を登ったことがあって、そこはチョーク禁止だったんです。驚く程手が滑って登れない登れない、チョークの大切さが身に染みて解りました。チョークを付けた手がしっかりと摩擦でホールドをとらえてくれるからこそ腕に体重を預けられるのです。

この3点、よく覚えておいて下さい。

横浜でボルダリングをする中年サラリーマンが運営するサイトです。様々な角度からのボルダリングのコツを紹介していきます。