ボルダリングは続ける事が最も大切

継続は力なり、ボルダリングにも通じる言葉です。

ボルダリングは特に始めのうちは必要な筋肉がついていないので、長時間登る事ができないのです。そうなると上達のスピードも遅くなる。
まずは長時間登れる体を作らなければなりません。そうなる為には続ける事が大切。

ボルダリングを続けることでしか持久力は上がってきません。先日聞いた話ではとにかくリードクライミングで長い距離を登りまくるとボルダリングをいくらやってもよれる事がなくなるそうです。信じられないですが、本当らしい。

ちなみによれるというのは主に腕に疲れが溜まって通常ではモテるホールドが持てなくなったり、問題ないムーブができなくなる状態の事を言います。

いくら登ってもよれる事のない体が出来上がれば強力なクライマーになっている事でしょう。私は1時間半ほど登ると完全によれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です