カンテって何?

ボルダリングの課題を見ていると時々、「カンテあり」「カンテなし」という表記を目にする事があります。

カンテってなんでしょうか?

カンテについて解説してみます。

写真を見てみましょう。

赤いラインで示した壁の際を指します。左の写真のように切りっぱなしの壁の際だったり、右写真のような壁と壁の段差だったりという事もあります。カンテありの場合はこの写真のようにカンテとホールドを挟み込んで持ったりしても良いわけです。
逆にカンテなしと注意書きをされていれば、壁際にあるホールドでもカンテと挟み込んではいけないわけです。

壁際にホールドがなくカンテと書かれていれば、上の写真のように壁際だけを持って一手とするわけです。ほとんどの場合はカンテと書かれていれば上から下までずっとカンテを使ってもよいという場合が多いですね。場合によっては3m以上の長さになる事もあります。

以上がカンテに関する説明になります。お


コメントを残す