「ボルダリング日記」カテゴリーアーカイブ

ボルダリングにテレビが注目

最近テレビを見ているとボルダリングの紹介を良く目にしますね。この1週間で3回ほど見ました。報道ステーションやサンデーモーニング等のニュース番組ばかり。でもこういうニュース番組に頻繁に取り上げられるという事は注目度がぐんぐんと高まっている証拠でしょう。

今までも時々テレビで取り上げられることはありました。でもその殆どが芸能人が「最近趣味でボルダリングをやってます」なんて言って、登っている様子をちょこっと紹介する、このパターンばかりでした。
一時向井理さんがボルダリングをしているという事が解って、俄かブームが来た事はありましたね。

でも登っている様子を見てもいかにも始めたばかりで、スラブの簡単な課題を登っているだけという映像でした。

正直あーいう映像ってボルダリングの楽しさが全く伝わらないんで、やめてほしいと思ってました。

案の定そういう芸能人が気に入ってますという情報からブームに火が付く事はありませんでした。

でも最近のブームは本物でしょう。オリンピックの追加種目に決まってからは一流選手の活躍の様子がテレビで取り上げられています。ボルダリングのすごさが良く解る映像です。
しかもボルダリングにおいては日本人は強いですから、尚更注目されているわけです。リードクライミングやスピードクライミングになると外国勢におされてしまいますけど。

是非注目度が高いままオリンピックに突入してもらいたいですね。

クエン酸パワーを飲みながら

ボルダリングはとても疲れるスポーツです。喉もすぐに渇いてきますので、水分補給は必須。

でもどうせ飲むなら体力回復に役立つ飲料を飲みたいですよね。ボルダリングを始めた頃は普通にポカリスエットやアクエリアスを飲みながら登っていたんですが、喉の渇きが癒されるだけ。色々と調べてみるとクエン酸パワーというのが、筋肉の疲労回復に役立つという事が解りました。

これですね。

 

飲み始めた感想です。

私の体質には合っているのか効果を実感できています。飲み始めてから5年以上が経過しますが、前腕の疲れ方、疲れてからの回復の仕方が良い方向に変わりますね。

味はものすごい酸っぱいんですけど、効果が感じられるから飲み続けています。

小袋に分けられている少量タイプもあるので、試してみては如何でしょうか?

 

乳酸をエネルギーに変える、惹かれますよね。

難しい課題

私が通うボルダリングジムでは白以上の課題になってくると難易度が急に上がってきます。

ゆえに白以上の課題をクリアする事ができると嬉しいですね。

土曜日は白を2つクリアする事ができました。

上々の成果です。

気持ちよくクライミングできた日は床についた時に頭にその時の様子が浮かんできます。

そしてよく眠れる気がしますね。

ボルダリングでダイエット

世の中にはダイエットに興味を持つ人がたくさんいますね。でも私はボルダリングを続けているお蔭でダイエットとは無縁の体をキープできいます。

健康食品や健康器具でダイエットをしようと考える人はおおいですが、そういうのって続かないでしょう。何故か?
面白くないからです。しかも効果は個人差があって、効果が見られたとしても数ヶ月先とかだと続くわけないですよね。

ボルダリングでダイエット

ボルダリングを日常的に続けられるようになれば確実に痩せる事ができると思います。週に2回やったら1か月もすれば効果が現れます。その時に燃焼系のドリンクを飲みながら登れば効果は絶大です。

まあそれでも面白いと思えるかどうかにかかってます。面白くなければ続きません、続かなければ絶対に効果は現れません。

痩せたい、体を引き締めたいと思っている方はまずはボルダリングを始めてみましょう。興味を持てればもうけものですよ。
楽しみながら痩せる、これが一番でしょう。

ボルダリングは続ける事が最も大切

継続は力なり、ボルダリングにも通じる言葉です。

ボルダリングは特に始めのうちは必要な筋肉がついていないので、長時間登る事ができないのです。そうなると上達のスピードも遅くなる。
まずは長時間登れる体を作らなければなりません。そうなる為には続ける事が大切。

ボルダリングを続けることでしか持久力は上がってきません。先日聞いた話ではとにかくリードクライミングで長い距離を登りまくるとボルダリングをいくらやってもよれる事がなくなるそうです。信じられないですが、本当らしい。

ちなみによれるというのは主に腕に疲れが溜まって通常ではモテるホールドが持てなくなったり、問題ないムーブができなくなる状態の事を言います。

いくら登ってもよれる事のない体が出来上がれば強力なクライマーになっている事でしょう。私は1時間半ほど登ると完全によれます。