クエン酸パワーの保存方法

クエン酸パワーを開けてみました。

開けたての場合は粒子が細かくサラサラしていますが、保存状態がよくないと塊になってしまいます。湿気を吸ってしまうんですね。真ん中が2年間保存したもの、右端があけたてです。私の場合は必要量をパックから出したらすぐに空気を念入りに抜いてチャックをしていたので、何とか塊にはならずに済みましたが、念入りに空気を抜かないと大変な事になりますので、ご注意を。


友人いわく冷蔵庫で保管するのが一番よいそうです。ずっとサラサラ状態をキープしてくれるそう。

保存方法には気を使いましょう。

ボルダリングにはクエン酸パワー、高価抜群ですよ。

 

ボルダリングは簡単に続けられます

ボルダリングを始めて10年以上が経過、長く続いているね~と思う人もいるかも知れませんね。
でも簡単な事ですよ、ボルダリングを続けるのは。

だって本人次第ですから。自宅近くにあるジムに通うだけなら自分の意志だけですからね、行くのも休むのも。自分が行きたいときにだけ行って好きなだけ登って帰ってくればよいだけ。

いくつかあるクライミングの形態の中からボルダリングを選んだのはロープを使わずに一人でできるからです。

ひとりでできる、これが大切だと思う人はぜひボルダリングを始めてみましょう。ペアでないと登れないロープクライミングであれば、ここまで続かなかったかも知れません。

とはいえコースの事やシューズの事なんかをお喋りできる仲間がいると楽しいのは事実。

こういった仲間は続けていると意外と簡単にできるものです。とにかく長く続けてみましょう。必ず上達するのがボルダリングです。

追伸:

ようやく古いクエン酸パワーがなくなります。

もう少し早いペースでなくなるくらい通いたいですね。

ヒールフックは大切

ボルダリングである程度上達してくるとヒールフックをする課題が出てきます。キレイにヒールフックが決まって課題をクリアできた時は本当にうれしいものです。

ボルダリングシューズヒールフックがかかりやすいシューズというのは欲しくなりますね。

ヒールフック課題がでてきたらどんどん挑戦してみましょう。

ふくらはぎ、太腿裏の筋肉が鍛えられますよ。

初めてヒールフック必須課題をクリアできた時は嬉しかったな~。

ボルダリングにおけるちょっとした気づき

今週は白テープ課題を3つ落とす事ができた。なかなかの成果です。一つは先々週に出来なかった課題、何度も跳ね返されました。でもよれていなければ何とか力でねじ伏せられると思ってました。

ところがやっぱりダメ。自分のパワーでは難しそうだ。そんな時に仲間の助言があり、気付きました。手を運ぶ順番を変えてみるとどうなるか。

右左右左と順番に下から手を運んでいけばよさそうな課題だったんですが、難所で右手を一度飛ばして、左左と手を運んでみたんです。すると比較的簡単に右手でホールドを掴むことができて、難所をクリア。

長引いていた課題をクリアする事ができました。

型に囚われずに頭を柔らかくしてみるとちょっとした事に気付く事があります。この気づきが非常に大切なんですね、ボルダリングにおいては。

でも助言をもらう前に自分で気づきたかったな。

時々違うボルダリングジムも訪れる

ボルダリングジムに通うと当然一か所に偏るようになりますよね。どこのジムも登録料がかかるわけですから、登録したジムに通う方が経済的だから。でも上達したいのなら時々違うジムに通ってみる事をお奨めします。

私がよくいくB-PUMP2は頻繁にルート変更が行われます。その度に新しいホールドも追加されるので退屈しません。でもやっぱり微妙な偏りは出てきますね。

他のジムならばもっとルート変更は稀なものになり、セッターも少ないでしょうからルートもマンネリ化してくるでしょう。

似たようなルート、同じホールドばかり握っていると上達に支障がでてくるのは明らか。

私は時々出張先で違うジムに行くことがあるのですが、違うジムにいくと本当に新鮮です。こんなホールドもあるのか、こんなルートもあるのかと驚きの連続となります。

難しいかもしれませんが、時々違うジムに行って刺激を感じるのはやっぱり良い事だと思います。